創業時代(浅草時代)

物流の原点は、リヤカーと木箱

社会の“ダイナミズム”である「物流」をテーマとする今日のカインズグループも、その最初は木箱の製造販売から始まります。
木箱を製作しそれをリヤカーで納品する。それはシンプルでありながら、まさに忘れてはならない原点といえるでしょう。
そこには創業者の汗と情熱が込められているからです。
1929年~1933年の世界大恐慌時代では苦戦の連続でしたが、
創業者精神「新しい年号と共に、自分も真面目に生きる」をモットーに乗り越えて参りました。

昭和2年
1927
  • 金子金太郎が、個人にて金子商店を創設。 (木箱・空き樽・空き缶の販売)

1941年~1945年

太平洋戦争のため、一時閉鎖

昭和21年
1946
  • 事業再開。木箱の販売の他、運送業も行う。

(葛飾 高砂時代)

新しい土地へ、それは発展への基礎。

業務は徐々に拡大。それに対処するための新工場設立はカインズグループにとって、新しい時代の到来であり、新たな飛躍の始まりでした。
やがて、物流業務代行事業への進出、本社移転…さまざまな変化はさらなる発展を生むための礎としての地固めの時代でした。

昭和32年
1957
  • 日立製作所亀有工場と取引開始。
昭和39年
1964
  • リヤカーからトラックへ。
昭和42年
1967
  • 業務拡大に対処するため、葛飾区高砂に高砂工場を建設。
昭和45年
1970
  • パイオニア株式会社の協力を得て、物流業務代行事業に進出。
昭和46年
1971
  • 株式会社金子製箱所に組織を変更するとともに、本社を現在地(東京都葛飾区高砂)に置く。

新分野進出時代

時代を読む。新分野で果敢な挑戦

時代は車社会へ。1964年の東京オリンピックの直後から進み始めたモータリゼーションもすっかり定着し、
車は人々の生活の一部になってきた時代、カインズグループは新たに株式会社カナック企画を設立し、本格的にカーライフへの貢献に取り組み始めました。
同時にそれは、グループにとって大きな発展をもたらした時期でもあったのです。

昭和49年
1974
  • パイオニア株式会社と共同で、カーステレオ取付キットの製作を開始。
昭和50年
1975
  • 運搬具『シャフトセッター(特許954773号)』及び、『カネラック』の製作、販売に進出。 株式会社金子製箱所 資本金12,000,000円に増資。
昭和51年
1976
  • 水元配送センター完成に伴い、物流業務を水元に移転。
昭和52年
1977
  • 物流業務代行の事業拡大に伴い、水元配送センターを分離独立し株式会社カネコを設立。
昭和56年
1981
  • 細田工場を建設。カーステレオ取付キット製品および周辺商品の製造、生産計画、進捗管理、出荷業務組立ラインの充実を図る
昭和56年
1981
  • 株式会社カナック企画を設立し、カーステレオ取付キットの設計開発に進出。
昭和58年
1983
  • 株式会社日立製作所土浦工場より不良根絶表彰される。
昭和59年
1984
  • 日立B16を導入し、生産管理システムを構築。
昭和60年
1985
  • オートキャンプの必需品『ルーフキャビン』発売開始。
昭和61年
1986
  • パイオニア株式会社より10年連続不良根絶優良表彰される。
昭和62年
1987
  • スーパーエンプラPEEK材を利用して『液晶基盤用カセット』開発。

カインズグループ時代

グループが結束し、新時代へと飛び立つ

株式会社金子製箱所よりカインズ株式会社に社名変更。
それは単に名前を変えるだけではなく、さらなる飛躍のための準備でした。
グループそれぞれの増資、新ブランドの設定…などなど、新しい時代への挑戦の日々。 しかし、原点の誠実な努力と感謝の気持ちは忘れずに…。

昭和64年
1989
  • 社名を株式会社金子製箱所より、カインズ株式会社に変更。
平成3年
1991
  • 株式会社カナック企画 ナビゲーションシステムの普及に伴いモニター取付キットを開発。
平成6年
1994
  • 株式会社カネコ 水元ロジスティックセンターを廃止し、埼玉県八潮市に東京ロジスティックセンターを開設。
平成7年
1995
  • 株式会社カナック企画 企画、開発及び、設計、営業部門を水元開発センターに移転。
平成9年
1997
  • パイオニア株式会社 川越工場自主研究会において表彰される。
平成10年
1998
  • 葛飾税務署より優良法人として表敬される。
平成11年
1999
  • カインズ株式会社 資本金45,000,000円に増資。
平成14年
2002
  • 株式会社カナック企画、オートギャラリー東京2002(東京ビッグサイト)に出展。
平成15年
2003
  • ISO14001及びISO9001を認証取得。
  • 株式会社カナック企画、[kananet]ブランドを発表。
  • 株式会社カナック企画、[kanatech(カナテック)]ブランドを[Kanatechs(カナテクス)]に変更する。
平成16年
2004
  • 株式会社カナック企画、開発ピット「水元R&D」を立ち上げ3ブースに拡充。
平成17年
2005
  • カインズ株式会社 細田工場にて基盤の内製化を開始。
  • 金子昌男代表取締役社長を退任し取締役会長に、新代表取締役社長に金子錦吾が就任。
  • 葛飾税務署より優良法人として継続表敬される。
平成19年
2007
  • 株式会社カナック企画、キャラクター発表。また販促用USBメモリー事業を立ち上げ。
平成20年
2008
  • 株式会社カナック企画、葛飾区「仕事体験授業」で金町中学校生徒の受入開始。/li>
平成21年
2009
  • カインズ株式会社、取締役相談役に金子昌男、 代表取締役会長に金子錦吾、代表取締役社長に金子高一郎が就任。
  • カインズグループ代表に金子高一郎が就任。
  • カナック企画、 「第41回東京モーターショー2009(幕張メッセ)」に出展。
平成22年
2010
  • カインズ株式会社・株式会社カナック企画 葛飾ブランド「葛飾町工場物語」に認定、東京都知事より「ものづくり人材育成大賞」を受賞。
  • カインズ株式会社、葛飾区長より「障害者雇用表彰」を受賞。
  • また、葛飾税務署より優良法人として三度目の継続表敬される。
平成23年
2011
  • カナック企画、「第42回東京モーターショー2011(東京ビッグサイト)」に出展。
  • カナック企画、自社製CAN-Busインターフェイス商品の発売開始。
平成24年
2012
  • カーAV取付部品等の販売事業子会社として株式会社ワントップを設立。
  • カナック企画、「Auto mechanika2012(ドイツ・フランクフルト)」に出展。
  • 葛飾税務署より優良法人として表敬される。
平成25年
2013
  • 株式会社ワントップ、赤外線ステアリングリモコンアダプターシリーズ発売。
  • 株式会社カナック企画、「バンコク・インターナショナルオートサロン展示商談会 (タイ・バンコク)」出展。
  • 株式会社カネコ、第1倉庫内に、一定の温度管理保管ができる、「定温倉庫」を新設。
  • 株式会社カネコ、通販出荷管理システム「ロジザードゼロ」の導入。
平成26年
2014
  • 株式会社カナック企画、「東京オートサロン2014(幕張メッセ)」に出展。
  • 株式会社ワントップ、バックカメラ変換アダプターシリーズ発売。
  • 株式会社カナック企画、こども用鉄道傘発売。
  • 株式会社カナック企画、「アウトメカニカ2014(ドイツ・フランクフルト)」に出展。
平成27年
2015
  • 株式会社カナック企画、「東京オートサロン2015(幕張メッセ)」に出展。
  • 株式会社カナック企画、こども用鉄道ヘルメット発売。
  • カインズ株式会社、機械要素技術展(東京ビッグサイト)に出展。
平成28年
2016
  • 株式会社ドゥサンクィル設立。
  • 株式会社カナック企画、「アウトメカニカ2016(ドバイ)」に出展。
平成29年
2017
  • 株式会社ドゥサンクィル、五島産椿を使用した基礎化粧品を発売。
平成29年
2017
  • 株式会社カナック企画、サテライトビューカメラを発売。
  • 株式会社カナック企画、新幹線モチーフのこども用レイングッズを発売。